モテないのは今に始まった事ではなく、中学の頃にはかなりの自覚がありましたね。
やっぱり中学生ぐらいになると恋人が欲しいという気持ちは強く持つようになるものです。
性的な部分の関心も強まって、オナニーばかりするようになっていきます。
クラスの女の子の体とか想像したり、エッチな画像とか動画見ながらシコシコとやるのが日々続いていました。
同級生とか彼女つくってラブラブなデートを楽しんだり、チューしたり触ったりをしているのを横目に、ひたすら羨ましい気持ちばかりを持つようになっていました。
俺にも彼女ができたらな、そんな妄想ばかり繰り広げていました。
高校になってもやっぱり女性からモテることもなく、これは運命なのかなんてバカな事まで考えてしまったりも。
恋人が欲しいのに全然付き合う相手は見つからないし、性欲の方だけは膨らんでいく一方だったのです。
大学生になったらきっと状況も環境も変わっていくから、彼女だってセックスだって思いっきりエンジョイすることができるって想像していたんです。
だからこそ受験勉強だって頑張ってやる事ができて、無事に大学進学になったのです。
キャンパスに足を踏み入れた瞬間は女性の多さに感激したものです。
これだけたくさんの女子大生がいるんだから、俺にだってかなりのチャンスがあるに違いないと思えてきたのです。
サークルにだって参加したし、合コンにも積極的に出席したりして出会いのチャンスを拡大していったのです。
しかし、一向に恋人ができる気配を感じることができませんでした。
こんなはずではなかった、そう思いながらもさらに努力を続けていく事になりました。
しかしモテない男と言うものは、結局簡単に恋人を作ることは出来ないようにできているようで、出会いがないまま時間ばかりが経過していたのです。

セックスしたいし、ラブラブになりたいし、頭の中は妄想ばかりが膨らむ一方となっていました。

 

定番アプリ登録無料
出会いアプリBEST5
セフレと彼女を作った神アプリ